Information






Blog

デポアンブログ「大津の熱い夜」です。

「Windowsの年式」「Internet Explorerのバージョン」などの理由により観覧が困難な場合は、デポアンブログページへお越し下さい。

 


放置のシクラメン
プランターにほったらかしのシクラメン。いつの間にか種が落ちて 葉っぱが成長して なんと花まで咲いていた!
_e0150006_14133932.jpg
よく見ると ツボミも下の方に見えます。やはり暖冬なんでしょうね。2月に咲き始めるとは・・・!



寒グレの好機に
一ヶ月以上釣りに行けなくてウズウズしていました。方座浦の沖磯!
_e0150006_10280542.jpg
波は穏やか、でも爆風でした。ちょうど朝日が昇り、すがすがしい景色に思わず写真を撮りました。釣果は、狙いのグレは釣れず オオモンハタとヒブダイ。でも楽しめました(^^♪
_e0150006_10281914.jpg




「しが割」で買った本
当店でも「しが割」は使えます。でも店主が当店で使うことは難しいです。石山駅の本屋さん(「がんこ堂」さん)では使えることを知って、買いに行きました。
_e0150006_18305139.jpg
”ともぐい”と”八月の御所グラウンド”は『直木賞受賞作』、”成瀬は天下を取りに行く”は滋賀は大津 もっと言えば膳所の御当地本です。3冊買っても、「しが割」の電子クーポンを使いきれませんでした。芥川賞の”東京都同情塔”は 生成AIを使って書いたとか・・・。しかも東京ってよくわからないから、文庫になってからゆっくり読もうかと思い 今回は遠慮しました。
”八月の御所グラウンド”は京都の話、14年も京都で生活していたので懐かしくて一気に読んでしまいました。



琵琶湖の眺め
琵琶湖グランドホテルさんにて美容組合大津支部の総会と新年会がありました。新年会会場からの眺めがとてもいいのです!
_e0150006_10254710.jpg
雄琴の湖岸からですから対岸には近江富士、そしてクルーズ船、フィッシングボートもいますね。



4年ぶりの洛中
コロナもあり、大阪や京都の中心地には長い間行けませんでした。京都は烏丸御池の新風館に行ってきました。京都の洛中へは4年ぶり、新風館へは実に25年ぶりかな? まったく新しくリニューアルされていて驚いた!
_e0150006_19195543.jpg
これは外観ですけれども、中は素敵な異空間!?とでも言いましょうか。まだ行っておられない方は一度訪れてみてください。中のホテルでのセミナーまでの空き時間に散策しました。



研修会
成人の日が過ぎるとこの業界は新年会が続きます。新年会に先立って経営相談委員会の研修もあり、琵琶湖畔にある堅田の魅力について学ばせていただきました。お土産にいただいたのが、「落雁(ラクガン)」。いままで漢字で”落ちる雁”と書くことすら知らなかったのが恥ずかしくなりました。
_e0150006_17174424.jpg
近江八景にある「堅田の落雁」をかたどったお菓子ですね!約500年前の室町時代に、中国の洞庭湖の八景にちなんで関白近衛政家が選んだと伝えられていますが、浮世絵師の安藤広重の風景画により広く知られるようになったとか。湖岸を眺めると 堅田の浮御堂近くに雁が舞い降りていく様がとても風情があって美しいことから描かれたようです。



2024年成人式の御支度
肩の荷が下りた。これから美容師の新年が始まる感じ!
_e0150006_12492030.jpg
_e0150006_12493716.jpg
今夜は同窓会があるのだろうか?「その子二十歳 今宵会う人皆美しき」



正月は映画
まとまった時間の取れる正月休みには 映画を観ます。今年は
_e0150006_12275825.jpg
「翔んで埼玉~琵琶湖より愛をこめて~」と
_e0150006_12284233.jpg
「シン・ゴジラ」でした!特に「翔んで埼玉~琵琶湖より愛をこめて~」はほぼ満員!こんなことはまず無かったです。滋賀県人の地元愛は相当なものですね。私は滋賀の大津にはもう30年以上住んでおります。もう立派な滋賀県人となりました!関東の東京一極集中と比べると、関西の京都・大阪・神戸はそれぞれ個性があって三都と言われるのも味わいがありますね。「シン・ゴジラ」の画像は1月12日から始まる白黒映像の映画のようですが、また違ったストーリーなのか?続編なのか?とにかく、「シン・ゴジラ」もとても面白かったです。





今年の納竿
紀東方面の天気が良い予報だったので、方座浦の磯へ納竿に行ってきました!
_e0150006_11175791.jpg
外海ですけど、波高は40㎝ほど。磯の上をウロウロしていると汗ばむほどでした。
_e0150006_11223811.jpg
狙いのグレは小型が多かったです。40オーバーのイガミ(ブダイ)が2枚上がったので、良しとしましょう。初釣りも磯かな?



近江鴨
滋賀県経営相談委員会大津支部の意見交換会がありました。雄琴の「きくのや」さんにお世話になり、鴨鍋をいただきました!
_e0150006_16253733.jpg
軽くスモークしてあって、半生でも食べれるということでした。これで4人前の量!写真の通りの大盤振る舞いでした。何でも鴨と合鴨を交配し、滋賀の湖魚もエサに入れたりして、高島あたりで飼育しているとの事。『近江鴨』というブランドで展開していると聞きました。まったくクセも無く、口に入れると脂が溶ける感じであっさりと頂けました!クリスマスは鴨鍋もアリかな!?と思いました。



冬の花壇とプランター
夏が暑すぎて長すぎて、桜草(マラコイデス)の苗が全滅149.png(>_<)がっかりです。仕方がないので苗を購入!パンジーとビオラも購入!春を見据えて間隔を空けて植えました。これで冬をやり過ごします!
_e0150006_19365495.jpg




3週連続の磯釣り
いよいよ寒グレのシーズンです。今回は南伊勢町方座浦!「定の赤島」という人気磯に一人で上げてもらいました。大きな磯で6人ぐらいは竿を出せます。そこから向かいのカベという磯を見ると、ほぼ岩山の一か所に洞穴のような部分があり岩が突き抜けていて向こう側が見えるという珍しいところを見ることができます!
_e0150006_19234877.jpg
「定の赤島」に上げてもらったら、見物料を取ってもいいのでは?と思ってしまいます。尚、釣果は狙いのグレは小さなサイズを2匹だけ(>_<)、アイゴとブダイはなんとかお土産程度に釣れましたけれどね!
_e0150006_19301669.jpg




おそらく今年最後の若狭の沖磯
冬は日本海の磯は波がきつくてなかなか上がれません。27日何とか上がれるとのことで、小浜は西小川の村上渡船さんにお世話になり磯釣りに行ってきました。
_e0150006_16395053.jpg
湾内は静かですけど、外海はウネリがありました。
_e0150006_16403183.jpg
上がったのは、タタミ一畳半ぐらいの小さな磯(チョボという名前らしい)。まだ水温が高いのでしょうね。大物はかからず、25㎝までのグレと何故かシイラが釣れました。
_e0150006_16405132.jpg




紀東最南端の磯、熊野
第三日曜の店休日、遠出をして三重県熊野の沖磯へ行ってきました。とても良い天気で暑いぐらいでした。
_e0150006_14055077.jpg
けっこう釣れましたよ!
_e0150006_14060871.jpg
グレは23~32㎝、アイゴは35㎝ぐらいですかね。



小屋筏
月曜日、英虞湾の鵜方浜釣センターさんへ行ってきました。ここの釣り筏は屋形筏(まるで小さな家のような筏)が多くあります。平日ならほぼこの屋形筏に乗せてもらえるとのこと。
_e0150006_11303559.jpg
おっさん3人組が嬉しそうに写っています。船頭さんが、サービスで写真を撮ってくれました。小さなヘダイ(23㎝ぐらいまで)が19匹釣れましたが、後で全部ウロコと内臓の処理をしてくれましてとっても助かりました。この日は風が強かったけれど、屋形を風よけにして快適に釣ることができてとても良かったです!特に風の強い日はリピート間違いないですね!



これ以外の記事は、デポアンブログページにあります。